1. TOP
  2. からだ
  3. 新住人の正体と、同じ過ちを犯さないために魂レベルで

新住人の正体と、同じ過ちを犯さないために魂レベルで

 2018/09/18 からだ こころ この記事は約 5 分で読めます。

こんにちはー!じゃすです。9月の連休一発目はいかがでしたでしょうか。え?今週末も連休なのねと今頃気づいた超のんびり&相変わらず浮世離れしているわたしですw ^^;

テレビも新聞も見ないからですね。ニュースは気になったものだけをネットで毎日見ていますが、たまに日帰り温泉施設などに行き、テレビを見に行くことがあります。笑(戦前戦後か?)

時々無性にテレビが見たくなるんです。災害の後とかかしらね。でも映像を見ていて辛くなるのと、その他の事件事故のニュースで気分が悪くなるので退散となるわけです。

写真はベンチに腰掛けていた私のところに、ハトさんが近づいてきたところを撮りました。

Sponsored Link



 

そうそう、新住人の正体でしたね。4月から急に当ブログに登場してきたこの人物は、別に怪しくもなんとも無いです。

じゃすは15年前に一度離婚していてご存知のとおり独身なのですが、新住人の人物像を明かさないのは何か世間に言えないわけでもあるんじゃないかと思うかたもいらっしゃったようです。

それで変に隠していても誤解されるし当人にも悪いしなということで、私事ですが今回書かせていただこうと思います。

新住人は47歳に先日なったばかりの独身男性でして、結婚歴はありません。なので不倫とかではないです。^^;なぜしばらくの間あやふやに表現していたかと申しますと、昨年12月に静岡から関西に引越しをしたわけですが、その静岡で一緒に生活していたのが、ワンコの飼い主でもある暴力暴言男でした。

昨年の10月頃でしたか、また彼の暴力暴言があり、もうここにいたら自分が可愛そうすぎると家を出ることを決断しました。

その頃の仲良しグループで救援してくれた中に彼がいました。彼の手助けもあって、無事に静岡の家から脱出できました。DV男に知られて、仲良しグループのみんなや彼に迷惑がかかってはいけないとブログにも書かないようにしていました。

わたしはなんとかDVから逃れたけれど、今度は彼を助け出さなければなりませんでした。数十年勤務していたブラック企業からの救出でした。

それが現実化したのが今年4月だったというわけです。

いつその時が来るのか、もしかすると現実化しないでこのままいくのか、そんな数ヶ月を送っていましたが、ある突然その日はやってきました。

彼には人にはわかりにくい障害がありました。

それがわかったのもこの春でしたので、わたしの心と身体の負担は日増しに大きくなりました。元々人付き合いが得意ではなかった私でしたし、元彼がDVだったのでそれがトラウマになったようで余計にわかりあえずに苦しかったです。

それで先日も彼との関係や自分の在り方で悩んでしまったというわけです。

>体調不良と人間関係で悩んだ記事

昨年から今年にかけて、人生が180度変わってしまったくらい次々とやってくる出来事を自分の中で消化できませんでした。それと同時に身体の変化も感じました。

昭和42年生まれで51歳になりました。子宮全摘出手術から今年はちょうど10年でした。酷暑だった夏が過ぎ、本格的に更年期に入ったなと実感しています。

障害がある彼との同居は、自分が振り回されてしまうことが多いです。それでマイペースすぎる彼にイライラしてしまうし、四六時中一緒にいるから家事の負担が自分にのしかかるしで、気づけばホルモンも乱れまくりでした。

彼が数日間実家に帰ることがあるのですが、その時は自分どうしちゃったの?というほど疲れ果てて起き上がれないほどずっと寝ています。

疲れが溜まっているのがわかります。これをストレスというのでしょうね。

でも考えてみれば、元は他人同士で男性と女性で、相手は障害もあって、女性と同居どころかお付き合いもほぼ初めてなのですからうまくいくほうが奇跡ですよね。

しかも私は12月に関西に来たばかりだし右も左もわからなかったですし、引越しが大変すぎました。その上2月末には実母が他界しましたしね。真冬の静岡への行き来も相当な負担でした。

もっと広く見れば人生50年の溜まりに溜まった疲れがまだ解消されていないわけです。ですから酷暑を乗り切った私は、ここから本格的に休養して心身ともに調整するのが本当なのでしょう。

なのに相手に振り回されて、感情が乱れ、ホルモンも乱れていました。

3月に書いた記事で、ここまでわかっていながら同じことで悩むという。>人間関係と体調不良の対処法
それを繰り返さないための秘策が、この連休中にわかりました。

それは魂レベルで起きている現象を見るということでした。眼の前で起きている現象(相手のムカつく行為)をそのまま受け取ってしまうために、自分の感情が揺れ動く。

するとそれに伴って身体の不調も出てくるというパターンです。その逆もあります。寝不足などで体調が万全でないところで彼のミスや嫌なところを目にするから感情が激しく波打つのです。

そんな時は意識をすっと上に持っていき、物事を魂レベルで冷静に見るといいそうです。相手の魂と自分の魂は、同じ目的を持っている(本当は仲良くやっていきたい)のに、今起きている現象はどんな意味があるのかを感じるということです。

身体も感情も超えて、魂で物事を見る

これが連休中一人になってわかったことでした。また彼が我が家に戻ってきますが、今度こそ感情的にならず身体の声もきちんと聞いてあげられるゆとりを自分に持ちます。

と、ここで書いてしまった限りはもうミスらないでしょう。^^;

うまくいかないからこそ気づけることがあるとわかりました。もっとこの世を面白がって生きようと思います。今日も長文をお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

じゃすイズムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

じゃすイズムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*