1. TOP
  2. からだ
  3. 秋の長雨:低気圧で身体が重たいし人間関係で悩んでいたワタシ

秋の長雨:低気圧で身体が重たいし人間関係で悩んでいたワタシ

 2018/09/15 からだ くらし この記事は約 5 分で読めます。

こんばんは~じゃすです。急に秋めいて雨が続いて、すっきりしないお天気でしたね。あなたの体調はいかがでしたでしょうか。

わたしはといいますと、タイトルどおり珍しく悩んでおりました(笑)。何に悩んでいたのか?そうです、ズバリ人間関係でした。

今年4月のある日突然に我が家で同居することになってしまった新住人。当ブログにも何度か出てまいりましたが、その人物との暮らしが苦痛でなりませんでした。

Sponsored Link



 
たぶん季節の変わり目で、わたしの体調も万全ではなかったのもありますね。特に激しい台風の時は、気圧が急激に下がるためかホルモンバランスの乱れを強く感じました。

そうなった時にどう対処したらいいのかは長年子宮筋腫ブログを書いてきたわたしですから、複数の解決策引き出しがあるわけですが、そんなのも思いつかないほど低気圧に乱されてしまっていました。

台風の夜はそんなで苦しくてお布団に横になっていたのですが、そんな時新住人はわたしを心配してくれて、習ってきた合気道の深呼吸の仕方を教えてくれました。

寝ているわたしの下腹部に温かな手を当てながら、息を口からゆっくりと吐ききり、再びゆっくりと吸っていくを一緒にしてくれました。

何度か繰り返すうちに、わたしの中のモヤモヤして滞っていたものが抜けていくのがわかりました。そして身体がほんわか温まってしたのです。

新住人の当ててくれている手は、まるで温泉に入っているかのようにお腹の芯をじんわりと温めてくれました。

それなのに、台風の後の長雨で今度は新住人の生活ミス(ついうっかり)が重なったり、自分を押し通そうとしたりとわたしの神経を逆なでする事件が度々起こりました。

わたしはできるだけ相手に合わせないよう自分は自分のペースを守ろうとしていましたが、そのうちに相手の存在自体がうざくなってきました。

寝ても疲れが取れない、自分ばかりに家事の負担がのしかかる、お金の不安が襲ってくる、この先どうするのよとまた考えてしまう。

あーどんどんどツボにハマっていく自分。この負の連鎖をどこかで断ち切らないとまずいぞと。でも気づいた頃にはかなりな重症で、新住人が外泊に出かけ一人になった自宅においても一人夜中まで悶々と考え込んでいました。

この先この人とこの調子で生活していくのだろうか。このままいって、自分の人生を生きることができるだろうかなどなど次々と不安が出てきました。

新住人はちょうどわたしが結婚していた頃、そう20年前の自分を見ているかのような人です。自分自分と我が強くて、人を振り回すタイプ。

わたしは元の旦那さんに多大な迷惑をかけていました。そして父母や妹夫婦などにもKYな態度で、いつも家族の厄介者でした。

それが20年も経った今頃、立場が入れ替わって我が身に同じ現象が降り掛かってきたということです。それに気づいて、当時の旦那さんに意識を合わせ、自分の中でごめんねと謝罪しました。

父母や妹夫婦、当時の友人知人など思い浮かぶ人々にも謝りました。当時の自分の未熟さを新住人を通して気づけました。

今朝も早朝、いつもどおりに目が覚めました。新住人は昨日からしばらく実家に帰っています。わたしは朝の体ほぐしを丁寧に自分と向き合いながらしました。

1時間以上かけてじっくりと筋を伸ばしたり、回したりほぐしたりをして、最後は自分の身体を愛おしくさすっていましたら、いつの間にかまたウトウト寝ていました。

その時に夢を見ました。夢の中でわたしは自分よりも年下の、うつむき加減で悩んでいるように見える女性に対して、「決めればいいのよ!そう、決めればいいの!」と何度もアドバイスしていました。

目が覚めて、「決めればいいのよ」という言葉が残っていました。決める・・・。

あぁ、そういうことね。わたしはまたいつものパターンに陥っていました。ここしばらく悩むということをしていなかったのですが、今回は完全に悩むという負の連鎖に陥ってしまった自分。

だからもう「悩まないと決める」のです。そして「焦らないと決める」。

無い頭で考えても大した答えなんて出てこないのだから、もう無駄に悩んでは時間の無駄なのです。低気圧で身体が重たい時に考えたってろくな結果にならないです。

だったら昼間半身浴をしたっていいし、日帰り温泉に行ったっていいから、身体を温めるなり、動かすなりして不調を改善することに意識を持っていけば良かったのです。

昨年から今年にかけて、人生が真逆になるほどの大転換を経験したわたし。そして4月からは新住人も同じく人生大転換を起こしました。

相手には「最低でも1年位はじっくり腰を据えて休養して、徐々に新しい暮らしに慣れていくくらいでいいからね」といっていたのに、自分は昨年並のペースで事を進めようとしていました。

わたしこそ休んだほうがいいのにね。これまでの人生、特に昨年から今年前半はこんなにも頑張ってしまったのだから、寝たいだけ寝ていいよ、休みたいだけ休みなよ、好きなことだけすればいいよ、サボりたいならサボっていいよ~って自分に許可を出して楽になります。

頑張るのが子供の頃から刷り込まれて身体に染み付いてしまってるから、忘れないように紙に書いてもう二度と悩まない、焦らない、頑張らないを念頭に秋冬を過ごします。

新住人にも自分が間違っていたことを、今日電話で詫て仲直りできました。本人が戻ってきたら、今度こそ決めたことを忘れずに緩く過ごそうと思います。

<まとめ>
★不安定なお天気が続くと体調も気分も不安定になる
★そんな時は呼吸に意識を置く
★身体を温める
★我が強い自分を無くす
★悩まない、焦らない、頑張らないと決める
★休んでいいと自分に許可を出す

長雨の後は、また残暑が戻ってくるのかしらね。身近な人間関係を快適にしたかったら、まずは自分と向き合うことだってわかりました。おやすみなさい~ ^^)/

■関連記事
呼吸と人間関係の悩み
(すっかり忘れていたので自分でブックマークしました 汗;)

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

じゃすイズムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

じゃすイズムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*