1. TOP
  2. くらし
  3. じゃすは一人のお盆休暇をどう過ごしているのか?

じゃすは一人のお盆休暇をどう過ごしているのか?

 2018/08/16 くらし たべる この記事は約 4 分で読めます。

こんにちはー、じゃすです。新住人が実家に帰っているので一人暮らしを満喫していますよ。読者さまやお友達から、一人で寂しくないの?と電話やメッセージで言われますが、元々一人のほうが好きなので全然寂しくはないです。

それで何をしてるのか皆さん気になるようなので、それを書こうかと思います~。笑

まずは冒頭の写真ですが、超手抜きの一人朝ごはんです。一応一人でも土鍋で雑穀ごはんを炊いていますが、ただ炊飯器無いから仕方なくそうしてます。

敢えて炊飯器を持たないようにしているのもあります。雑穀は土鍋で炊くほうが美味しいなと感じるので、面倒で暑いですけど火にかけるだけですからね。

ちなみに「ちくわきゅうり」が大好物でして、でも練り製品は添加物が嫌なので、多少高いなとは思いますが完全無添加の高級ちくわ3本入を使います。

豚汁は前夜遅くに仕込んでおきました。具は人参、じゃがいも、ごぼう、玉ねぎ、豆腐、少量の豚肉、青ネギです。御飯の友は今年ハマっている生姜醤油漬けです。

きゅうりと人参を小さめに刻んで、生姜醤油に漬けるだけです。塩分しっかりで夏冷え知らずですよー。めちゃ美味しいです。(オーガニック醤油を使用)

緑茶も無農薬粉末です。鹿児島県産のものです。

でも一点気になるのが輸入フルーツのパイナップルですよね。きっとあなたも突っ込みたかったでしょう。

もらいものの輸入フルーツを安心して美味しくいただくためのアイテムが「クマザサ珪素パウダー」です。

こちらをふりかけるだけで、農薬や防カビ剤などの気になるものを無かったことにしてくれます。体に毒素を溜めにくいから常備しています。

パイナップルだけじゃなく、ご飯にも漬物にも、ちくわきゅうりにもふりかけます。より一層美味しく健康的になるから欠かせません。ちなみに外食にも持参してふりかけていますよ。

味や香り、舌触りなど全く気になりません。ふりかけるところを見ていなければ、かかっていることすらよく見なければわからないほど。

特殊製法で超細かなパウダーにしてくれてるからだと思います。このおかげで今年は腸も肌も調子いいのだと実感しています。

これ書き終わったら自宅半身浴して、更に夏の毒素を全部出しちゃおうと思います。浴槽で本を読みながらウトウトするかもです。笑

洗ったエアコンフィルター

あとはこんな風にフィルター類のお掃除や床水拭き、食品庫の片付けやパソコンデータのバックアップなどなど、マイペースで腰を据えてする作業をコツコツしています。

お料理や家事、お掃除など苦にならないどころか、一人で黙々とするのが好きな性分なんですよね。それで疲れて好きに寝るという。

新住人が戻ってくれば、また毎日バタバタして家のことや自分のことをつい後回しにしたり適当にあしらったりするだろうから、今できることをできるだけしておきたいみたいです。

お掃除に関しては、また別記事で詳しく書こうと思います。

まー何にしても50過ぎたら決して頑張らないことです。頑張っちゃ駄目です。なぜなら50年使ってきた体は頑張ったら毒ですからね。

特にホルモンが変わる時に頑張ることで、体内の流れが悪くなります。そのコツがわかったことで、今年のこの猛暑でも健康に気分良く暮らせているんだなーって思います。

今回の記事があなたのヒントになれば幸いです。ありがとうございます。^^)

\ SNSでシェアしよう! /

じゃすイズムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

じゃすイズムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*