1. TOP
  2. からだ
  3. 今日の気付き:ホルモンバランスと他者攻撃がリンクしてた

今日の気付き:ホルモンバランスと他者攻撃がリンクしてた

お久しぶりーのじゃすでございます。世間はお盆休暇ということですが、わたしはお陰様で一人のんびりとさせていただいてます~♪ はぁ幸せっ!^^)/

そうは言っても現在は水星の逆行中なので、お久しぶりなお友達やブログ読者さまからメッセージが届きます。じゃすのことを思い出してくれたんだなって嬉しくなります。

そこで俯瞰しますと、50代前半女性のホルモン偏りが現れてるな~と感じます。なぜそう思うかというと以前のわたしが丸かぶりでそうだったからです。

メッセージ内容は皆さん共通しています。

世間や他者に対しての不満や愚痴。いいか悪いかや思うようにならないヤキモキした気持ちをおっしゃいます。もしくはおせっかいですね。人のことが気になって仕方がない様子。

もう過去の自分を書いているようで本当にハズカシイ気分になるのですが、友達やブログ読者さまがたもそこにピッタリと当てはまっているので、そういうことかと腑に落ちた次第です。

50代で主婦をしていますと、家事も仕事もあり子供や夫や親、ペットの世話、もしかすると孫の世話もあるかもしれませんね。暑い中で人の世話ばかりしていると、自分に目を向けることさえ忘れてしまう。

気づくと芸能人や有名人のことや、周囲のひとのことが気になって仕方がなかったりします。本当はどうでもいいことなのにね。そしてどうすることもできないのにね。

政治や社会の仕組みや事件事故など、自分以外のことばかりに振り回されるのは思考が偏っている証拠。

まさにホルモンバランスも同じく偏り気味だということ。ちょうどバランスよく機能していれば、頭の中の思考も人と自分の両方をうまく使い分けできるんじゃないかなと思います。

エストロゲンが過剰になると攻撃的になるといいますが、過去のわたしがまるでそうでしたね。常に正しいか間違ってるか、勝ち負けが基準になっていたように思います。

子供の頃から親にそう育てられ、剣道もやっていたせいで常に戦っていました。それで食べても食べても太れない、余分なエネルギーを放出していた感じです。

母に「あなたは人のことを心配するよりも自分をきちんとしなさい」と何度も言われてきましたが根っからのおせっかいは直りませんでした。

というよりも無意識に直さなかったのかもしれません。直したら自分に目を向けることになる。自分と向き合いたくなかったのでしょう。

一番の曲者が自分だとわかっていたのかもしれません。けれども昨年から今年にかけて、いよいよ自分と向き合わざるを得なくなりました。

最初は自分の中での葛藤がすごかったです。けれども最近では自分と向き合い、自分はどうしたいのかを時間をかけて丁寧に見ることによりむしろ生きるのが楽になってきました。

戦わなくていいんだってわかったからです。全てにおいてです。人に対する過剰なおせっかいもなくなりました。人を攻撃することもありません。

その人にはその人の学びがあるんだな、楽しみを奪っては申し訳ないなと思えるようになりました。

お盆休暇中に自分に目を向けた女性たちが子宮筋腫マニュアルを手にされ、数件のお問い合わせもいただきますが、どうぞご無理はされませんように。

真面目にやりすぎてしまって、ついこの食品は子宮筋腫にいいからとか、悪いから一切食べないとかガチガチになりますと御自分がつらくなります。

そこでまた二項対立(良い悪い)が発生してしまいますので、くれぐれも頑張りすぎないを念頭に取り組んでいただければと思います。

お盆休暇明けには新しく生まれ変わったピカピカの自分に出会えますように~♪ 残り少ない夏を楽しみましょうね。今日もお読みいただきありがとう御座います。

子宮筋腫マニュアルレビュー<1>

子宮筋腫マニュアルレビュー<2>

\ SNSでシェアしよう! /

じゃすイズムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

じゃすイズムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*