1. TOP
  2. こころ
  3. 大食いになる時は変化のストレス解消なのか?

大食いになる時は変化のストレス解消なのか?

 2018/04/11 こころ たべる この記事は約 3 分で読めます。

こんにちは、じゃすです。まーしかし、よく食べてますな。相変わらず。先週突然やってきた新住人とわたしは、あの日から食べる食べる。米びつ無くなるまでとにかくひたすらに食べまくってきた一週間でした。

ある日突然住人が増えた

今朝明け方に、なぜこんなに食べまくっているのか?とひとり考えました。急激な生活の変化で多大なエネルギー消費をしているから、それに対応すべく補給しているのだろうか。

それとも現実がまだ受け入れられずに、食べることに逃げているのだろうか。はたまたこの先もっとすごい現実が来るのを既に本能的に察知してのエネルギーチャージをしているのか・・・。

これまで一人暮らしで、比較的少食で済んでいたわたし。一日2食と軽食くらいでOKでした。軽食無くてもいいくらい。だからお米を炊くのだって週に1回~2回でした。

なのに、今はというと毎日1~2回はご飯を炊いています。3合炊きの土鍋で二人ともおかわりしまくって、ほとんど残らないから次々と作る流れです。

食材の買い出しもわたし一人では大変なので、昨日はネットスーパーで届けてもらいました。しばらくは食べるものには困らないでしょうが、作って食べて片づけて。すぐにお腹が空くからまた作って食べてまた片づけて・・・。

うぇーん!もう今日あたりからこの流れを変えますよ。これじゃわたしは単なる飯炊き女よ~。思い起こせば、人生を変えるための大引越しをした昨年12月もそうでしたし、母の付き添いで丸一週間ホテル暮らしをした時にもそうでした。

異常なまでに食べてしまうわたし。普段食べていないからその反動なのか?きっと美味しいものを食べてこの試練を乗り切ろうとしているのでしょうね。

逆に見れば、ここまで食べられるのだからありがたいなと思います。今までのわたしは試練や変化が来ますとヘロヘロになって、途端にごはんが食べられなくなるタイプでした。

もともと痩せ体質であるために、何か起きると余計に痩せてギスギスしてくるんです。傍目からも弱弱しいために、大丈夫?と周囲に心配をかけてしまうタイプ。

でも近年は体力も付き、健康に確信ができたのもあって、同時に根性も図太くなりました。笑

人生で大きな変化がやってきても、ここぞとばかりに食べて食べてその試練を乗り越える、乗りこなすワザを身に着けたように思うのです。

人生の大変化はそうそうあるものじゃないけれど、最初の一週間は体や魂が欲するままにとにかく食べまくります。けれども今回の変化も一週間が経過しましたので、今後は食にかける手間や時間、消化に使うエネルギーにも配慮し、もう少し軽くしていこうと思います。

あと、早寝するためにも夕飯を早い時間に済ませる作戦を今日から実施します。では土鍋ご飯が炊きあがりましたので、現在16時半ですが、夕食の準備を進めますね~。

今日もお付き合いいただきありがとうございます。

\ SNSでシェアしよう! /

じゃすイズムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

じゃすイズムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*