1. TOP
  2. からだ
  3. 食のセミナーに参加して、50歳から食べ方や考え方そのものを変えました

食のセミナーに参加して、50歳から食べ方や考え方そのものを変えました

 2017/06/12 からだ たべる この記事は約 6 分で読めます。

こんばんは、じゃすです。1967年生まれのじゃすは、今年ジャスト50歳。

ちょうど49歳から50歳に切り替わるお誕生日の辺りで、タイミングよく?体の不調が起こりました。いつもはすぐに回復していたはずのカラダが、なかなか良くならない。とにかくダルイ。腰も痛いし、まっすぐに歩けない。体の重心がズレているような感覚。そしてそんな自分にイライラする。焦りが出てくるといった具合でした。

これはどうしたものかと考えました。これまでの自分のやり方が通用しなくなっている。そんな危機感がありました。いろんな友達や知り合いにも相談しましたが全面的にスッキリすることはなく、答えは自分自身がつかむしかないと思いました。そうしなければいけないよと誰かに言われているようなそんな感じさえしていました。

この体の変化は、自分が成長するための単なるきっかけでした。(←後になってからわかりました)そう、体を変えるには食を変えるのが一番手っ取り早いと気が付いたのです。

50歳あたりで食をガラリと変える女性が多い

芸能人も食事を変えて、人生のリセットをされたかたがいらっしゃいます。女優・斉藤由貴さんも50歳の時に、これまでの食をまるっきり変えたそうです。なんと2か月で10キロの減量に成功され、その後すぐに再ブレイクしました。

そのきっかけは、お父さまからの【背中が丸いな】という発言からだそう。大人の娘が父親から体型を指摘されたら、これは変えるしかないと考えますよね。カチンと来ている場合じゃないですから。

人からの何気ない一言を自分事(じぶんごと)として、聞き逃さずにすぐに実行に移す、見習いたいところです。

タレント・麻木久仁子さんの場合も、同じく50歳代で薬膳料理に着目したそうです。今では国際薬膳師の資格を取得されてセミナーも行なうなど、活躍の場をまさにガラリと変えられたお一人です。

女優・杉田かおるさんが50歳を前に再婚されたのも、45歳で食を変えて自然農法に興味を持ったのがきっかけなのだそう。最初は番組のダイエット企画からでしたが、そこで自分の食生活や食べ物の在り方を見直してめでたく再婚という結果に!皆さん本当に素敵ですよね。

ということは、じゃすも50歳で食を変え、体を変えることで本物のカタワレさん(魂の片割れ)に出会う可能性が高くなったと考えていいのでしょうかね。この流れに乗れば、この先の人生が明るく見えてきましたよ~!(←気が早いカモ)

食と生き方のセミナーに参加しました

体の調子が悪くなり、一週間が経っても回復していかなかった今月中旬(2017年5月)。食を変えればいいのかもと気が付いて、以前から気になっていた【食と生き方のセミナー(仮)】に参加してきました。こちらのセミナーは、まる一日をかけてみっちりと学ぶスタイルでした。今の自分にとって、かなり高額なセミナー代金でしたし、何より長時間の講習に耐えられるのか?とても不安がありました。

他の参加者の方々は、既に事前の【プレ体験セミナー(仮)】に参加されている人が多かったのですが、じゃすの場合は体が悪くなってから二週間めにぽっと申し込みをした人間なので、学びやテンションについていけるのだろうか?と最初は不安だらけでした。

トラブル多し、前途多難?

セミナー会場の場所はだいたい把握していました。けれども根っからの方向音痴で、車にナビもつけていないじゃすは不安的中。案の定、どこで曲がるのかがわからなくなっていました。すかさず自宅で待機していた相方(41歳男)に電話をし道順を教えてもらいました。初めて行く道や場所はいつも緊張の連続です。

事前に知らされていたように、セミナー会場の入り口は本当にわかりにくく見つけるのがやっとでした。参加者の中には、通り過ぎてしまったかたもいたようです。

更に大変だったのは、駐車場でした。めっちゃ狭くて停めにくい!運転苦手なじゃすは、他の参加者さんが親切に誘導してくださって何とか停められましたが、中にはセミナー開始直前だというのに車をぶつけてしまったかたがいましたよ。しかもぶつけたのが、他の参加者さんの軽自動車だったという・・・。(冷汗;)

そんなこんなでようやくセミナー会場に入りますと、講師の先生が青い顔をして四苦八苦しているじゃありませんか。セミナースクリーンの音声が出ないとあれこれされている最中でした。

その上、サブの講師はセミナー内で使用する食器を割っちゃったそうです。参加者人数分を揃えていたようですが、こちらも予期せぬハプニング!

・・・これは、前途多難な雰囲気。今日、大丈夫なのか??心配性なじゃすは、ただでさえ不安な心境だったのがこれらの出来事で更にドキドキしてくるはずでした。いつもなら・・・。

早朝に手は打ってありました

まさかこんなにハプニングが続くとは想像していませんでしたけど、セミナー当日の朝に事前に備えをしてありました。そこがこれまでのじゃすとは違ったところなんですね。

自分の魂を鎮め、今日のセミナーが終わった時にどんな自分でありたいのかをイメージしていました。一日を終えて、帰宅した時の気分までリアルにイメージしてあったおかげでしょうか。数々の突発的なトラブルに左右されることなく、結果は予想以上に有意義な一日でした。

食と生き方のセミナーで学んだこと

5歳で大やけどを負ったせいで、子供の頃から食が細かったじゃす。自分でも【体力がない】【体が弱い】というセルフイメージががっちりと染みついているのもあって、これまであれこれいろんな健康法や食事方法をやってきました。

講師のお話はそれらを全て払拭するほどの衝撃がありました。体や食についての考え方の根本が間違っていたことを知らされました。

そうです。じゃすはこれまでいろんな知識を学んでいたはずなのに、頭で考えていたのです。食は頭で考えるものじゃなかった。これとこれを食べれば体にいいとか、これは体に良くないとか様々な情報が現代のマスメディアやネット上から飛んできますが、それらを自分の頭で整理して考えて食べてこれで良しと思っていました。

けれども体は不調を訴える。50歳の誕生日に。

これは何を意味しているのか?その答えがこの日に参加してわかったんですね。じゃすは頭で食べていただけだったのです。

だから、健康に良さそうなものを食べているのに毎食満足できない。だから、食後にまだ何か食べたくなる。だから、常にイライラしちゃう。めまいが起きたり、不眠になったり、頻尿になったりする。

この答えがわかっただけでも、今回の高額セミナー代金と長い時間や体力の投資の元が取れたと思います。(そもそも元を取ろうと思うこと自体まだ小さいよね ^^;)

食をガラリと変えたじゃす

これまでの食事【じゃす朝ごはん】
(外部サイトです)

↑こちらのサイトでは、子宮筋腫に良い食事として以前、じゃすの食べたものをご紹介していました。これらと当ブログでご紹介している食事は、一見大差無いように見えますよね。「え?どこがガラリと変わったっていうの?」という声が聞こえて来そうです。

写真でもメニュー内容を見ても、どこが変わっているのかあまりわからないと思います。でも実は雲泥の差があります。その違いは一つではありません。だからガラッと変わったと言えるのです。

食に注目したことで人生が本格的に動き出したじゃす。今後どうなっていくのか?あなたの健康や幸せ度と照らし合わせてみてくださいね~。^^)/

関連記事

子宮筋腫に良い食事レシピ:続木和子本の感想

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

じゃすイズムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

じゃすイズムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*