1. TOP
  2. こころ
  3. 高速回転の駒とじゃすブログエッセイ

高速回転の駒とじゃすブログエッセイ

 2017/05/28 こころ この記事は約 3 分で読めます。

おはようございます。じゃすです。
今朝鎮魂(ちんこん)を行なっている最中に、いつもと違う感覚がありましたので記しておきます。
(鎮魂は、瞑想とはまた違った方法で自分の魂を鎮めるご修行のことです。)

昨日までの鎮魂では、既定の29分でキッチンタイマーを仕掛けてありました。けれども雑念から空に至る直前にタイマーが鳴ってしまって強制終了させられたという反省を踏まえ、今日からはタイマー無しで鎮魂をやってみることにしました。

一応始める前に時計を見ておきました。午前5時15分。うんうんなかなか良い時刻です。

そして鎮魂に入りました。タイマー無しでどこまで行けるのだろうか?最初はそんな雑念から、今日の予定やらこれからすぐにしたい家事のことやら、今後の人生などなどが、いつものように次々と出てまいります。

けれども今日はなぜか、いつものような雑念の嵐とは違う感覚がありました。一方で体の感覚は重たく感じていました。特に左側の部分は重さを感じます。昨夜から左の頭から起こる、ひどいめまいがあったからです。

それでも今朝は比較的早めに雑念が消えていきました。そして初めての感覚が来ました。自分が高速回転している駒になったイメージです。駒のてっぺんが宇宙の中心と、そして駒のしっぽ(下部)が地球の中心とにつながっています。そして自分は高速でびゅーんびゅーんと回転しているのです。

その上、新たに別の自分が鎮魂をしている自分を見ています。目を伏せてじっと止まっているかのような自分は、中では高速に回転していながらも、上と下はしっかりと宇宙・地球とつながっている様子が見えました。

【常に自己を客観視する】という教えが、日頃はなかなかできていなかったわたしですが、まさか鎮魂中に自己客観視ができているとは自分で驚いてしまいました。笑

そこからふと、「ブログエッセイ」というワードが出てきました。ブログエッセイ?何か統合が起きたようです。そのワードを鎮魂から持ち帰りました。

足がしびれることなく、すっと鎮魂を終了しますと5時40分手前でした。およそ20分ちょっとの時間でした。

未だに空に至る感覚がつかめていない状態ではありますが、また今日新たな感覚があったことを素直に喜びます。そして慢心することなくまた続けて参ります。

■2017年5月28日:鎮魂

  • 自分が駒になった感覚
  • 自己客観視
  • 宇宙と地球と自分の3つがつながった感覚
  • 時間に囚われない鎮魂
  • じゃすのブログエッセイ

「ブログエッセイ」について、早速調べました。・・・が、ブログエッセイという言葉は現在のところ存在しないようでして、検索しても出てきませんでした。そうだ、じゃすのブログエッセイをこれから書いていこう。そう思いました。

ブログエッセイとは、単なる日記(ブログ)でもなく、エッセイ(随筆)でもなく、日常の出来事からそれを深く掘り下げていき自分の考えを書くということです。じゃす独自のブログエッセイは、他の誰とも被らない。自分が本当の自分とがっちりつながるためには、大変良い方法なんじゃないかと考えました。

これからの展開がまた楽しみに感じました。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

じゃすイズムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

じゃすイズムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*