1. TOP
  2. からだ
  3. ゴム無し衣類(ノーパン)とヒモトレで寝たら冷え性が軽くなる

ゴム無し衣類(ノーパン)とヒモトレで寝たら冷え性が軽くなる

 2018/03/29 からだ この記事は約 8 分で読めます。

こんにちは~じゃすです。3月だというのに急激な気温上昇が続いていますね。主婦の皆さんは冬じまいや衣替えに大わらわではないでしょうか?わたしも昨日今日と洗濯機フル回転で干し物も大量でした。

昨日はヒモトレで便秘っぽくお腹が張っていたのが数分で一気の解消しちゃったお話を書きましたが、その夜はヒモトレに○○○○をプラスして寝たら冷え性まで軽くなっていました。

昨日のヒモトレ記事

その○○○○とは、はいタイトルにもありますね。ノーパンです。厳密にいいますと、パンティなどの下着をつけない。更にパジャマのズボンも履かないということです。

え?じゃぁ素っ裸で寝たの?と友達から聞かれましたが、そうではなくて下半身は一応バスタオルを巻きました。要はゴムが無い衣類にしたかったのです。

昨日の記事にも書きましたが人間の皮膚はわずかな刺激でも敏感に感知するらしく、ゴムの伸縮する刺激を感じ続けていると本来の働きを妨げてしまうのだそうです。

冷え性だったり、寒い季節ほど重ね着をすることなくできれば浴衣一枚で寝るのが理想的だというのです。それを自分の体で実験したのが一昨日の夜でした。

わたしは結構ひどい冷え性で、寒がりで、いつも重ね着重ね着。冬はタケノコか!と突っ込まれるほど何枚も重ねて着るのでお洗濯ものも毎日大変です。

靴下だって最初に天然素材の5本指靴下を履いてから、その上に厚手のウールやフリース靴下を履いています。寝る時もお風呂上りに同じ重ね履きをして寝ていました。

けれども一昨日ヒモトレと同時にゴム衣類が体に良くないと知りました。昔の日本人が浴衣一枚で寝ていたのですから、最初は大丈夫かなと不安もありましたが、ちょっと自分でも試してみたくなりました。

お風呂上りにバスタオルを巻く

パソコン作業でのヒモトレ効果を実感した後に、血流が良くなった状態でぬるめのお風呂に入りました。寝巻き用の浴衣はもっていなかったため、どうしようかと考えました。

大判のバスタオルがあったので、それを腰回りにぐるりと巻きました。ウエストあたりで先端を挟みましたが、寝ている間にはずれそうだったのでステンレス製の洗濯ばさみで一か所留めました。

上はどうしようかと考えましたが、さすがに北の寝室に移ったばかりで明け方は寒いかもしれないと思い、ヒートテックのトップスを1枚着ました。

ヒモトレはバスタオルを巻いたお腹まわりにゆるく1本。そしてヒートテックのトップスの上からたすき掛けで1本と一昨日は計2本を巻いて寝てみました。

寝室は少し温めておく

浴室から寝室へ移動した時の温度差が少し不安だったので、入浴前にあらかじめオイルヒーターで寝室を少しですが温めておきました。まだ自分の中で冷え性だった記憶や寒さに対する恐怖があるようですね。

汗をかかない程度に寝室が温まっていたので、浴室から移動した後はオイルヒーターはオフにしてベッドに入りました。

重ね着してないのに体が熱い

ベッドに入って自分の体の状態に驚きました。これまではお風呂上りにヒートテック上下を着て、その上から分厚いフリースのパジャマ上下、更にその上から中綿入りのキルティングカーディガンを着ていました。

足元は先ほどありました5本指ソックス+フリースソックスの重ね履きでした。それが一変してパンティは履かない、下のヒートテックも履かない、パジャマ上下も着ずに素足という状態になったのです。

にもかかわらず布団の中の自分はポカポカと温かい。そして気持ちがいい!ノーパンで何も履いていないから足同士が触れ合います。

体本来の機能を取り戻す

そうです。講師の先生によりますと、この腿の内側同士が触れ合うことで体本来の機能が呼び戻されるのだそうです。そういえば子供の頃はうちの母も浴衣1枚で寝ていたんだと思い出しましたし、昔の日本人は男性も女性も着物を着ていて下着なんてつけていなかったんですよね。

わたしは小学生から中学生の頃剣道をやっていましたが、男子部員は全員袴の下はノーパンでしたね。真冬でもノーパン。身体機能を上げるにはパンツなんか履いていてはいけないと言われていました。

私たち女子部員もパンティはもちろんのこと、ブラジャーも外して胴衣と袴を着けていました。練習がきつくて汗で汚れるとか締め付けが嫌だという理由もありましたが、やはり身体機能を最大限発揮するには素の状態が一番いいと子供ながらにわかっていたのだと思います。

それがいつの間にか宣伝や固定観念に囚われたり西洋的な生活様式をするようになり、気づけば自分で冷え性なり不眠なりホルモンバランスの異常を創り出してしまっていたのではないか?

ゴム製品の衣類にこれまで散々お世話になってきましたが、この歳になって初めて体の繊細な機能を知りました。下着も重ね着もしていないのにここまで体が温かい。

明け方もゾクゾクすることは一切なく、朝までポカポカな状態を保っている。そして快適な眠りができた目覚めは幸せホルモン全開でした。

寝起きの不快感ゼロ。だから朝からストレスなく体が動きます。お肌の調子も胃腸の調子もいいです。ヒモトレで巻いていたヒモも、大判バスタオルもはずれることなくそのままの状態でした。

ノーパン寝は寝返りが増す

ズボンタイプのパジャマを着ていたほうが寝返りが多いのかと思いきや、断然ノーパンで寝たほうが寝返り率がアップしていました。

下半身はタオルを巻いているだけなので、布団の中で多少は開け(はだけ)ます。けれどもステンレス製の洗濯ばさみの効果なのか完全に外れてしまうことはありません。

靴下無しの素足状態が気持ちよくて足も良く動かしますし、上半身も1枚しか着ていないので寝返り回数が増えていました。なのにぐっすり眠った感覚がありました。

短時間でも満足感アリ

睡眠時間ですが、結果的にいつもよりも短く済みました。まだ二日間なので何とも言えないですが、時間の感覚がおかしくなったようです。

冷えを感じなくなったのと寒さへの不安がなくなったからなのかわかりませんが、目覚めた後にも足が冷えていないですし、体温も下がらないので快適です。

長時間良く眠ったーという気分ですが、時計を見ますといつもよりも睡眠時間が短くて少し驚きました。

裸で寝る叶姉妹

叶姉妹さんだけでなく、数多くの芸能人や有名人が寝る時は素っ裸といいますよね。わたしも熱帯夜が続く夏本番には一人暮らしの家の中で裸で過ごしたり、裸で寝たこともありました。

けれども裸で寝ますと寝具が気づかないうちに寝汗などで汚れます。毎日大物のお洗濯が大変ならやはり浴衣など締め付けない衣類を着けて寝た方がいいのかなと思います。

パイル地のバスローブですと乾きが心配。洗える薄手のシルク素材のローブなら毎日のお洗濯も干すのも楽ちんかもですね。また上下に分かれた浴衣寝巻きですと、ボトムスのほうがどうしてもゴム仕様になっているものが多いです。

■ガーゼタイプの浴衣寝巻き

二日目は耳鳴りにも

二日目の夜の昨夜は、寝る前に少し耳鳴りが気になりました。なのでお腹と背中に加えて頭にもヒモトレのひもを巻いて寝てみました。巻いてすぐには耳鳴りが無くなることはありませんでしたが、寝起きには頭がすっきりしていました。

また、この記事をパソコンで書く前にじっと椅子に座っていたのもあって少し冷えを感じましたので、また頭にひもを巻きました。結果は数分でじんわりと体全体の体温が上がったように感じ、上着を1枚脱ぎました。

頭にひもをゆるく巻くことでその感触を体が感知して、体の血流が上がったのではないかとわたしなりに考えます。耳鳴りも血流が増すことで解消されたのかなと。

マッサージしたり、運動したりと自分が頑張らなくてもヒモをゆるく巻くだけだったり、重ね着やゴム製品の衣類をやめたりするだけで勝手に体が快適になってくれるってすごいと思います。

まとめ

長年使ってきた自分の体なのに、まだまだ本当の体の使用法を知らなかったんだと実感しました。ゴム製品の衣類をやめて、体を締め付けるものを排除する。浴衣で寝るというのは理にかなっていたということです。

冷え性だからこそ着ない、重ね着しないという発想。体の流れや動きを妨げることなく、もともと備わっている体の機能を活かす暮らし方が大事なんですね。

それは自分自身を信頼する一歩でもあるのかなと感じます。これまでは体を大事にする意識が強すぎて、本来の力を信頼するという部分が自分には欠けていました。

よって必要以上に過保護になっていましたし、余計な物や余計な行動が増えていたのだと思います。今回の気づきはかなり衝撃的だったため、いらなくなったゴム製品の衣類や古くなってもなかなか処分できなかった分厚いフリースパジャマともすんなりとお別れできました。

あなたも気が向いたらヒモトレやノーパンゴム無し睡眠をやってみてくださいね。その時はご家族の視線に注意ですね。笑

やってみて何かわかったらぜひメッセージください~。今日もお付き合いいただきありがとうございます。

\ SNSでシェアしよう! /

じゃすイズムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

じゃすイズムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*