1. TOP
  2. からだ
  3. 2018年春:食器乾燥機を新しく買ってみました。①機種選びの様子です。

2018年春:食器乾燥機を新しく買ってみました。①機種選びの様子です。

こんにちは、じゃすです。今回引越した先は以前の地域とは違って適度に湿度が保たれた地域で、わたしの体はストレスを感じることが少なくなり気に入っているのですが・・・。

このところ菜種梅雨(なたねづゆ)に入りまして、雨が続きますとどうしても家の中で水廻りのジメジメが気になってきます。わたしの中では洗った食器がなかなか乾かずに家事ストレスが発生していました。

普段は一人から二人なので自動食器洗い機を買うほどでもなく手洗いで十分なのですが、冬と違って放置で乾かなくなってきました。(拭くのはしたくない~ ^^;)

そんなズボラなわたしなので、格安でカラッと乾いてくれる食器乾燥機があればいいなと考えました。そこからネットで色々と調べましたので、備忘録として書いておきます。

まずは予算から

現在は出費が多くて預金残高も深刻な状態の為、極力買い物をしたくないのが本音です。けれども毎日何度も食器を洗って乾かして。その上フライパンなどの調理器具もとなると次々に乾いて欲しいと思うのが主婦心です。

今回かけられる予算は送料込み、税込み1万円までと最初に決めました。それ以上かかるようなら渋々手拭きにするか、他の方法を考えようと思いました。

価格ドットコムを調査

それから価格ドットコムをネットで見ていきました。食器乾燥機人気ランキングで評価の高い機種を参考にしました。メーカーでは三菱電機さんが上位で人気でしたね。

けれども昨今の世の中は食器洗い機にシフトしているのですかね。メーカー側も高額な食器洗い機に力を入れて新商品を開発しているみたいですし、消費者の目も食器洗い機に向いているのかしら。

実は食器洗い機は20年程前に専業主婦をしていた当時既に使っていました。(数年間使い、離婚と同時に手放しました。)現在実家の家族も使用しています。けれども過去にわたしも使っていたからこそ、再び買おうとは思いません。

なぜなら安全性に疑問があるからです。今書いていて思い出しましたが、結婚当時食洗機を使っていて、それでかはわかりませんが子宮筋腫も同じ時期にどんどん悪化してきました。

筋腫が大きくなった原因が結婚生活のストレスだけかと思いましたが、もしや?食洗機も影響あったのかな?完全なこじつけなのだろうか?今となっては検証のしようがありませんが。

それから人気芸能人ブログを見ますと日々の家事で当然のように食器洗い機を使っている様子が載っていますが、婦人系の癌になる人がちらほらいます。(実際使用中の芸能人さんも乳がんを発症されています。)

完全に勝手な個人的意見なので適当に見てくださればいいのですが、今月他界した実家の母も食器洗い機を毎日使っていました。以前実家に食器洗い機が来る前は母が洗剤とスポンジで手洗いしていたのですが、すすぎが雑なことったらありゃしない。そんなんでいいの?と思うほど適当なすすぎ具合でした。

母に「洗剤はしつこいくらいにしっかり洗わないと体に毒よ」と何度言ったことか。母は「大丈夫よ~。ちゃんとすすいでるから。」と特に気にせずにまたテキトーでした。

その後食器洗い機になったので母のテキトーすすぎは気にする必要が無くなったのですが、結局今思えば完全な自動運転とはいえ食器洗い機の洗剤がきちんとすすぎきれていたのか疑問です。

昔30代の頃にバイトしていた飲食店でも当時は食器洗い機を導入していなかったために、そこのオーナーのすすぎ不十分が本当に気になりました。

まだ食器に泡が付いてるにもかかわらず洗いカゴにどんどん入れていくのですよ。そこで自然と泡が切れるからいいと思ってたのかしらね?でもグラスの内側に洗剤のあとが残っていたのがあって、たまにお客様からクレーム来てましたからね。

わたしは家庭でもバイト先でも洗剤の量を極力減らして、すすぎをしつこく十分にやっていました。だから母やバイト先オーナーのスピードよりもはるかに遅くなります。

けれども健康に関わることだからこそ時間や手間、水道代がかかっても食器は丁寧に洗いたいのです。そこのバイト先は勤務してて楽しかったですし、すごく親切にしていただいたのですが、結局はわたしのほうが嫌になって辞めてしましました。

塩で洗う食器洗い機はどこへ?

食器乾燥機から更に話がそれますが、昔「塩で洗える食器洗い機」が人気でしたよね?あれ、結局はメーカーが製造しなくなってしまったようですね。

当時テレビCMで見て、既に食洗機を夫に買ってもらいながらも塩食洗機に買い替えたい!と思ったほど魅力的でした。

この食洗機が消えた理由は、安価な塩なんぞで洗えてしまうとなると洗剤メーカーが儲からなくなるからでしょうか。鉄製やホーロー器具が錆びるという昔のレビューがありますが実際はどうだったのでしょうね。

塩と高温のお湯で食器を自動で洗えるのなら、ゆくゆくは食器洗い機を再検討してもいいかなとも思いますが。製造予定がなさそうですしね。あと、食器洗い機の庫内は洗いカスなども溜まりますし、温風乾燥時の臭いや蒸気も気になったのでやっぱりいらないかな。音も結構うるさいですよね。

食器洗い機専用洗剤が完全にすすぎきれていない状態で自動乾燥に入り、その食器で毎日食事をするとなるとやはり健康面が心配。そう疑いながら毎日使うこと自体、気持ち的に健全じゃない気がします。あなたはどう思われますか?

プラスチックよりもステンレス

食器洗い機から食器乾燥機に話を戻しますと、売れているのは1万円前後の商品でした。価格が上がるほど洗いカゴや箸立てなどがプラスチック製からステンレス製となり、ゼンマイ式スイッチが電子表示スイッチに変化していました。

少人数家族なので、コンパクトな小型サイズのがいいかなとも考えましたが、調理器具なども入れることを考えますと大は小を兼ねるということで通常一般的なサイズの6人用で検討しました。

材質では安全性や衛生面を考えますと当然プラスチック製よりもオールステンレス製を選びたいところです。けれども抗菌加工が施されていて、むしろそっちの加工のほうがどうなんだろう?と。

発生する菌が気になるのか?抗菌加工自体が気になるのか?というところですね。

結局三菱電機の食器乾燥機に

その後アマゾンでの評価やクチコミなども参考にし、人気だった三菱電機の【三菱電機】食器乾燥機 ウォームグレー TK-TS7S-H 食器乾燥機 ホワイト TK-TS5-W の二個に絞りました。中位機種のステンレスかご・ステンレス箸立て+抗菌加工か?下位機種のステンレスカゴ・プラスチック箸立てか?

両商品は共に税込、送料無料で予算1万円に収まりますし、キッチンでの置き場所の寸法もバッチリでした。結局の所今回は抗菌加工を避けて、下位機種の 食器乾燥機 ホワイト TK-TS5-W のほうに決めました。

値段としては大差ないので、むしろステンレス部分が多い8000円台のTK-TS7Sを選んだほうがお得だとお考えのかたもいるでしょう。毎日口に入れるものに使う食器や調理器具を乾燥させる用途なので、値段だけで見ずに使い勝手や安全性もじっくりと考えて選びました。

まとめ

今回久々に新しい家電を買うことになり、奇しくも人生において究極に手持ち金が無い状態での食器乾燥機選びでした。お金が無いからこそ、ここまで真剣にじっくりと情報収集や商品選びができた気がします。

さて次回は箱開けから設置、初めての使用感などを書こうと思います。今日もお付き合いいただきありがとうございます。

\ SNSでシェアしよう! /

じゃすイズムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

じゃすイズムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*