1. TOP
  2. こころ
  3. じゃす大丈夫?ブログの更新頻度が多くて逆に心配なんですよ

じゃす大丈夫?ブログの更新頻度が多くて逆に心配なんですよ

こんにちは~じゃすです。雨が続く今週は寒の戻りですね。一方で紫外線が少ないチャンスでもありますので、運動しやすいです。わたしは今朝から剣道の素振りを再開。←こちらはベッドの上で。(しばらくサボってました ^^;)

それからゴミ出しをしながら、外を30分速足で歩きました。お店で休憩と朝食をして商店街で食品の買い物をして、また徒歩で30分。ちょうどいい距離、そして小雨。買い物荷物の負荷もかかっていい感じの運動ができましたよ。

今週末は春の陽気になるとか。紫外線や汗ばむ感が始まる前に、少しでも体を鍛えておきたいと考えています。あなたは春のカラダの準備をされてますか~? ^^)

今日の写真は週末のブランチに肉野菜炒め定食を摂りました。色気ないですが、シャキシャキ野菜で白米おかわりもしちゃって良かったなーというところです。

週末にブログ読者さまからうれしいメールが届きましたので、お言葉に甘えてブログ更新をお休みさせていただきました。それで定食屋さんに出かけて肉野菜炒め定食だったというわけです。

送ってくださったブログ読者さまよりメール掲載のご許可をいただきましたので、あなたにも内容をシェアしますね~。
===▼ここから==
題名: 心配しています

メッセージ本文:
お母様のこと、ご愁傷様でした。
私も義母が急死した後ほんとに心も体も忙しく
その後生理の過多出血が悪化したりと大変でした。
1周忌・納骨まではやることが多く仕事に家事に
加えて長男夫婦である私たち夫婦は多忙な日々でした。
じゃす様のこと、
気になっていましたがきっと色々忙しいだろうと思ってメールも控 えていました。
ただ気になるのが最近の記事アップが精力的すぎて逆にとても心配 です。
無意識に気合いで色々乗り切ろうと無理していませんか?
つらいのを別なことに打ち込んで忙しくして
忘れようとしていませんか?
もしほんとにふっきっていてお元気ならいいのですが無意識に無理 しているならそのうちに
ふっと緊張がきれたときに倒れたりしないかと
とても心配です。
悲しいときには思いっきり泣いてください。
どんなに悲しくてもお腹はすいてくるし時間が
たてばだんだんと癒されてきます。
なのですぐに無理して元気になろうとしないで
下さい。
ほんとにお元気なら余計なお世話メールに
なってしまいますがそれならそれで安心です。
季節の変わり目、ご自愛くださいね。
===▲ここまで===

なんという優しいお言葉!嬉しくてむしろこのメールに涙が出ますよ。ありがとうございます!

このかたはご自身もお義母さまを亡くすというご経験をされたため、尚更じゃすのことを気にかけてくださったのですね。本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

そして、当ブログ読者さまとじゃすとの距離感が想像していた以上に近いということも感動しています。このかたに限らず、メッセージをくださる読者さまがたは記事を読んでくださっているのはもちろんのこと、じゃすの体調をものすごく気遣ってくださっています。

そもそも前身の子宮筋腫ブログも当じゃすイズムブログも、子宮筋腫やホルモンバランスで悩む女性のお役に立てればと思って創ったものでして、自分が子宮全摘手術というつらい経験をしたために同じ症状の女性に同じ轍を踏んでほしくないという思いでした。

けれども活動開始から9年も経ちますといつの間にか読者さまとわたしとの距離感が縮み、ご自分の体と同じようにじゃすの体のことも心配してくださるようになっていました。。

もうこうなりますと、女性同士、自分の体も人の体も区別がないようになってきますね。特に生理痛や子宮筋腫、過多月経、貧血、更年期障害、排卵痛、PMSなど皆さん共通の痛みや苦しみを経験していると、他人ごとではなくなってきます。

今回のようなに身内が他界するなどという大きな出来事が降りかかってきますと、大抵の女性が多かれ少なかれホルモンバランスを崩します。

20代、30代、40代、50代、60代、70代。体の疲れや心の疲れ、多額な出費ややる事の多さなどに加えて、今週のような気温の落差が体に堪えます。

でもおかげさまでじゃすは元気で過ごしています。自分でも過去の自分とは雲泥の差すぎて驚くのですが、カラ元気でも、現実逃避しているわけでもありませんのでご安心を。

通常母親を亡くしたとなると相当な落ち込みようなのが普通で、泣き暮れるとか食事も喉を通らないとか眠れないなどボロボロになるのでしょうね。

けれどもわたしの場合は既にそこの境地を超えていて、葬儀中も葬儀後も普段の生活においても母がいなくなって寂しい、悲しいという気分にはならないです。

今は四十九日前ですがきっとまだこの世をフワフワしているはずなので、すぐそばで寄り添っている気がします。実家に電話すれば元気な母が電話口に出そうな感じなのです。(←まだ実感が無いだけかも?)

がん闘病中は水を一口飲むのも辛そうだったので、その時のほうが自分的には苦しかったです。早く楽になってほしかった。寒くもなく暑くもなく、体や人間関係で苦しまないあの世で楽しくペットちゃんたちと暮らしてほしいと思ってました。

だから今の方がわたし自身もホッと一安心なんですよ。悲しいとか寂しいなんて1ミリも感じていません。大丈夫です。

と、こんな風に書きますと今度は実母を亡くしたのに薄情だとか、気丈にふるまっているだけだとか親戚連中はいうわけです。父親ですら、通夜・葬儀中も一切悲しまないじゃすに不満を持っていたようでした。

わたしはむしろ母が他界して気を引き締めています。これまではありがたいことに生まれた時から親に守っていただいた。本当に安心感があった。けれどもこれからの人生は親に頼ることができなくなった。だから空で見ててくれている母に示せるだけの生き方をしようと。

親の死に際に使命が見つかるというお話を以前も書きましたが、その仕組みが自分なりにわかりました。守ってくれていた親がいなくなったということは、今後は本当の自分の人生を生きることになります。

真の人間力が試される時に入ったのだと思います。誰もがそうだと思いますが、親の思考、親の習慣、親の教え、親の縛りなどが大人になってからも自分にまとわりついている人が多いです。わたしがそうです。

親からの影響がどれだけ自分の人生を左右してきたか?あらためて親という存在を客観視すると同時に、自分自身も客観視できる時です。

親からしてもらって良かったことも悪かったことも、全部を俯瞰しながら今後自分はどう生きるのかを考える期間が親の忌中(仏教では四十九日、神道では五十日)なのだと思います。

わたしは母の死が悲しくて、何かに逃げてるというわけでは決してありません。母は輪廻転生するはずなので、また新しい肉体をお借りしてこの世にリベンジに来るでしょう。だから悲しいとは思えないです。むしろホッしています。

わたしが今生を終えてまた輪廻すれば、母との縁が深くて今度はまた違った関係として出会うことになるのかもしれません。

だから母には、もしかするとまた会っちゃうかもしれないけれどね。と意識を送っています。けれどもわたし個人の考えとしては今のところ二度とこの世に生まれたくないと思っています。

次の人生は、今生でできなかったあれもしてこれもして・・・なんて一切考えません。全て残りの今生50年?で消化しやりつくして終わりにしたいのです。

今のところの考えなので、今後やっぱりまた生まれ変わってこの世を楽しみたい~となる可能性もゼロではありませんが、とにかく二度と生まれ変わらなくてもいいように今回の人生を味わいつくそうという気持ちでいます。

もしもこれをお読みのあなたが現在つらい日々をお過ごしだったとしても、わたしのように長いスパンで捉えてみてはいかがでしょう?前世のずーーーと前から来世もずーーーと先まで見るんです。

今のつらさも嫌というほど味わい尽くせば、今後生まれ変わっても二度と同じ目に遭うことはないでしょう。あったとしても一度乗り越えた経験があるのだからそこまでつらくはないはず。

何度も同じ目に遭うのは経験し味わい尽くして懲りてないからかも?何事もやりきれば悔いもないですし、耐久性が強化されてるはずですから少々の困難ではへこたれない底力を持っているはずです。

幼少期に両親を亡くされた同い年の芸能人がいらっしゃいますが、幼い時既に守ってくれる親がいない状況で、弟や妹を自分が守っていかなければならないとなると、本気の人間力で生きるしかないために子供ながらに子供子供してられなかったといいます。

親がこの世からいなくなる=本気で生きる時が来た。そうわたしは捉えています。今日はブログ読者さまからの優しいお気遣いに触れて感動したお話と、母の死をどうわたしが捉えているのかを書かせていただきました。

今夜から明日、また冬の寒さになりそうですね。お互い気を付けましょうね~。今日もお読みいただきありがとうございます。

PS:気を張っているのも素直に認めて、緩むことも大事ですね。じゃすは100%完璧ではありませんので、今後も頑張りすぎていたら遠慮なくご指摘いただければ幸いです。スペシャルサンクスです~!^^)/

\ SNSでシェアしよう! /

じゃすイズムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

じゃすイズムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*