1. TOP
  2. たべる
  3. マクロビオティックのお弁当:亀戸升本「和正食」健(すこやか)を食べた感想です

マクロビオティックのお弁当:亀戸升本「和正食」健(すこやか)を食べた感想です

 2017/05/24 たべる この記事は約 11 分で読めます。

亀戸升本(かめいどますもと)さんの本格マクロビオティック弁当「和正食(わせいしょく)」を食べた素直な感想を書いています。

普段から健康に関心が高いと自分では思っています。特に食に関してはできることなら食材が新鮮、安心安全、美味しい、薄目の味付け、消化にかかる負担、食後の体感などを考えて食べるようにしています。

もちろんコスパがいいのも外せない条件です。そんなどこにでもいる普通の50代女性が、こちらのお弁当を食べた感想です。

和食による心と体に良い正しい食べ物がコンセプト

和正食のお弁当を初めて食べた時、これは本物だわっ!と感じました。
お野菜がこれでもかといわんばかりに種類豊富に詰められていました。しかも一つ一つのお料理に丁寧に仕事がなされています。

2017年5月で、わたしがいただくのは4回目となります。お弁当のおかずは毎月変わるので、毎回蓋を開ける瞬間が楽しみになりました。

マクロビ弁当の和正食とは

肉、魚、卵、乳製品、精白糖、添加物、化学調味料を使わずに職人技でおいしさを追及したお弁当だそうです。

実際に食べてみてわかるのですが、家庭の主婦が作るなんちゃってマクロビとはわけが違います。見た目も味も、素材の切り方一つとっても一流を感じさせてくれます。お弁当なのに食材がまだ生きている、そんな印象を受けるのです。それもそのはず。和正食弁当では、国産有機栽培の玄米、季節の有機栽培のお野菜、有機栽培のお醤油、有機栽培のお味噌、有機栽培の油、さらに昔ながらの立体塩田で海水を100%使用して作られたお塩を使い、大事に大事に作られているからなんですね。

玄米を食する時には消化の事も考えて、一口入れたら30回は噛みなさいと師から教わりました。亀戸升本さんのホームページにも記載があります通り、できることなら一口50回噛みながら食べていくのが理想だそうです。そうすることで食べる時間はたしかにかかりますが、全ての栄養素がしっかりと確実に体に染み込んでいむのではないでしょうか。

肉、魚、卵、乳製品、白砂糖を一切使用していないので、ベジタリアンやビーガン、玄米菜食、ナチュラルハイジーンなどにも十分に対応できる食事です。

あと、生理痛や子宮筋腫、ガンなど病気や体調を気にされている人にもいいですね。わたしは粗悪な食べ物や食品添加物、疲れなどの影響でホルモンバランスを崩しやすい年齢なので、消化に優しい、味付けが優しいこのお弁当を心底気に入っています。

近頃のわたしは、乳製品(特にチーズ)を避けています。数年前からチーズを食べるとお腹を壊すようになってしまったからなんです。本当は子供の頃はチーズが大好きでこってりクリーミィな感じを好んできたわたしですが、年齢と共に?乳製品を摂れない体質になってしまったようです。ですからこちらのお弁当には乳製品不使用ということで安心して食べています。


2017年4月:和正食(健)月替わり弁当

◆升本の和正食◆

日々の生活のなか、ふと健康について考えたとき、私たちに本当に必要なものは何なのでしょうか。
当店では古来より伝承されている日本食を再 度見つめ直し、東洋的な食のバランス(陰陽五行)の考え方を踏まえて、今の時代に即した食(和正食)を皆様に提唱していきたいと考えております。食材に関 しては、季節のもの、住んでいる土地に産するものを食べることを基本に、健康的な食品、食物の調和などを考慮し、主に有機栽培の野菜を使用。肉・魚・乳・卵製 品および精白糖などは一切使用せず、素材そのものの美味しさを最大限に引き出し、 調味料に関しては、天然塩、長期貯蔵醤油など厳選したものを使用し、化学調味料・保存料・着色料も一切使用しておりません。

 ●和正食の約束

  • おいしく召し上がっていただく為に  ひと口30回以上噛んで食べてみて下さい (出来れば50回)。
  • 素材本来のおいしさをお楽しみ下さい。
  • 一日一度は和正食をお食べください。

 ●和正食の4原則

  • 一物全体
    食材を葉や皮まで全ていただく
  • 身土不二
    季節の物、その住んでいる土地(国)に産する物を主に食べる (身と土は二つにあらず)
  • 健康的な食品
    食品添加物や農薬等が使われていない物を食べる
  • 食品調和
    東洋古来の食べ合せ方の原理に沿って食物摂取の調和を図る

以上の事をふまえ「和正食」は食材・調味料・料理方法にこだわってお作りしております。

和食の多くはいつからか、鰹節で出汁を採ったり、砂糖と醤油で甘辛く煮付けてあったりします。
本来の日本食は完全健康食であるはずなのに、体を気遣う人にしてみれば動物性たんぱく質や白砂糖を大量に使ったものがあって、日本の食事を純粋に楽しみたいのに食べられない、食べたくはないという思いがあります。

そんな健康志向の日本食を好む人にとって、升本さんの和正食弁当は全てを解決してくれる画期的な中食(なかしょく)なのです。

私が気になるコスパだって、本当にこのお値段でいいの?と心配になってしまうほど良心的な価格設定です。今回この記事を書くにあたり、初めてお値段を知って驚いています。私の感覚では、2,000円以上はする高級弁当だと信じて疑わなかったからです。


2017年2月:和正食(健)お品書き

口取 :大豆唐揚げとキャベツの旨煮
じゃが芋と菜の花のココナッツ炒め
大根とほうれん草のアヒージョ風(にんにく風味)
小松菜とえのき茸の磯和え
紫芋サラダ
大根餅 昆布佃煮 梅干し

野菜煮物:長芋 さつま芋 高野豆腐
牛蒡 人参 いんげん

御飯:がんも照り焼き風玄米飯

こだわり:大根のたまり漬・亀辛麹

2017年5月のメニュー:和正食(健)

お品書き

口取 : 大豆唐揚げと新じゃが芋の旨煮・南瓜豆乳サラダ・
チンジャオロースー風・大根餅・野菜しゅうまい・
キャベツココナッツ炒め・昆布佃煮・梅干

野菜煮物 : 長芋・ズッキーニ・人参・牛蒡
高野豆腐・いんげん

御飯 : がんも照り焼き風玄米飯

こだわり : 大根のたまり漬・亀辛麹

どれを食べても只々美味しい。中でもかぼちゃの豆乳サラダはクリーミィに仕上がっていて、ローストしたかぼちゃの種で彩りと食感が加わり、もっともっと食べたい気分。野菜しゅうまいも、本当に野菜だけ?と思ってしまう美味しさです。しっとり仕上がっていて、しゅうまいの皮までもが美味しいんです。

チンジャオロースも美味しかった!え?お肉?と二度見しちゃいましたもん。でもお肉じゃなかった。たぶん細切り大豆ミートかな。玄米も毎回ふっくら炊きあがっていますし、大根餅は毎月安定の美味しさでホッとします。

あと、お気に入りの野菜の煮物はお弁当を食べていることを忘れるほど素晴らしい仕上がりですよ。どれを食べても、素材の味がしっかりしています。ごぼうや長芋は皮もついたままの調理ですが、皮だけが口に残ったりしません。本当に食べやすく、自然のままの美味しさです。さすがは有機野菜を使用しているだけあります。

お野菜はそのまま食べてもいいのですが、途中からは亀戸升本こだわりの亀辛麹をちょいとつけていただくことで、ピリッとした刺激が加わり、味に深みが増してもうたまりません~。

「亀辛麹ーかめからこうじー(旧名称:亀辛漬)」とは
米麹と青唐辛子と有機醤油を長期熟成させた亀戸升本秘伝の辛味。何につけても美味しくお召し上がりいただけます。

右上の白い蓋つき容器に亀辛麹が

写真右上の小さなカップに入っている茶色のお味噌のようなタレのことです。最初、これは何かしら?とわからなかったのですが、野菜の煮物や添え野菜に少しつけていただくことで、さらにおかずのグレードがアップする仕掛けです。この辛味みそは、升本さんのお弁当に無くてはならない脇役です。亀辛麹をつけた高野豆腐の美味しいことといったら!大豆イソフラボンを欲している女性の誰もが喜ぶ上品な一品ですよ。

以上のように、和正食(健)の中身は日本食オンリーのメニューではありません。洋食や中華のお料理もバランスよく入っています。それが不思議と調和していて、全く違和感がないのです。これこそが【和】であり、日本人が作りあげた統合弁当だと思うのです。
(お弁当の特定原材料:小麦)

このお弁当を採用した担当者に感謝

わたしは2017年の2月から毎月こちらのお弁当をいただいています。あるお勉強会の昼食で出てきます。

今年の2月、初めて食べた時から完全にハートを掴まれてしまいました。それ以降月替わりでメニューが変わる和正食のお弁当が毎回の楽しみになりました。こんなに素晴らしいお弁当があったのか!と感動しています。

お勉強仲間のお友達も、「こんなにすごいお弁当は食べたことがないわ!」と絶賛していました。

亀戸升本さんのマクロビ弁当を、お勉強会の昼食に採用してくださった担当者のかたに「素晴らしい食との出会いをありがとうございます。」と心からお礼を申し上げている次第です。

このお弁当のいいところ

正しい日本食の在り方を体感できるのはもちろんのこと、食材の安全性や調味料のこだわりなど、まさに一流を味わえます。野菜を洗う水からこだわっているそうです。そして何よりわたしが素晴らしいと思えるのは、お弁当を食した後にあります。コンパクトなお弁当箱に二段でぎっしりと詰められた玄米とおかず。たっぷり食べたはずなのに胃にもたれない。

食べた後のカラダが本当に楽なのです。しかも午後のお勉強中も眠くならない。

お弁当を食べる前の午前中よりも、不思議と集中できるんです。これが本物の食であり、本物の証なのだなといつも感心しています。

物足りなさを感じないちょうどいいサイズ

和正食には6つのタイプが揃っています。(全て税込み価格です)

    • 平安(へいあん)1674円
    • 彩(いろどり)1350円
    • 和(なごみ)1242円
    • 健(すこやか)1026円
    • なかなか 972円
    • 玄まる 864円

わたしはやせ形で、普段から量はそんなに食べられない体なのですが、時間をかけてゆっくりと味わい和正食弁当を完食します。玄米一粒すら残らさず全て平らげます。

和正食シリーズの中でも中間サイズの【健】1026円をいただいているのですが、本当に自分の胃にちょうどいい分量です。全て植物性でできたお弁当にも関わらず、全く物足りなさを感じません。不思議とデザートを食べたいとも思いません。お腹も気持ちも十分すぎるほど満たしてくれる、価格以上のお弁当です。

できることなら毎日食べたい!

動物性食材を使わずとも、ここまで美味しくて満足感が得られる和正食弁当。升本さんのHPでも一日一食は和正食を食すと良いとありますよね。お世辞でもなんでもなく、本当にこのお弁当を毎日いただいていたら、健康にならないわけがないと感じます。わたしの月一回のお勉強会も、カナシイことに卒業の時期が迫ってきました。このお気に入りの弁当ともお別れかと思うと名残惜しいので、卒業後、自分でも入手できるのかを調べました。都内周辺で買えるようです。

和正食(マクロビ弁当)が買える升本の直営店

■すずしろ庵 ( 亀戸 十三間通り )
最寄: 亀戸駅 (JR/東武)
電話: 03-5626-3636 (直通)
住所: 江東区亀戸2-45-8 升本ビル1階
営業: 年中無休

■すずしろ庵 門前仲町店
最寄: 門前仲町駅
電話: 03-3630-3855 (直通)
住所: 東京都江東区富岡1-10-10
営業: 年中無休

■シャポー市川 (1F食鮮館)
最寄: 市川駅 (JR)
電話: 047-326-3354 (直通)
住所: 市川市市川1-1-1

■伊勢丹 新宿店 (B1F)
最寄: 新宿駅 (JR/他)
電話: 03-3356-2166 (直通)
住所: 新宿区新宿3-14-1

■東京丸ビル店 (B1F)
最寄: 東京駅 (JR/メトロ)
電話: 03-3284-8858 (直通)
住所: 千代田区丸の内2-4-1

■西武池袋本店(B1F)
最寄: 池袋駅
電話: 03-5949-2092 (直通)
住所: 東京都豊島区南池袋1-28-1

■銀座三越 (B2F)
最寄: 銀座駅 (メトロ)
電話: 090-9831-8913 (直通)
住所: 中央区銀座4-6-16

■ナチュラルハウス アトレ目黒店
最寄: 目黒駅
電話: 03-6408-8454 (代表)
住所: 品川区上大崎2-16-9
営業: 月・水・金 のみ販売

■ナチュラルハウス 青山店
表参道駅・B4出口
電話: 03-3498-2277 (代表)
住所: 港区北青山3-6-18

2017年5月現在の情報です。
販売店舗や営業日など変更があるかもしれませんので
公式ホームページにてご確認ください。

 

亀戸升本さんの本店では
レストランもされているようですので、機会があればぜひ行きたいです。

亀戸升本本店:お店の情報

  • 住所 : 東京都江東区亀戸4-18-9
  • アクセス : JR総武線亀戸駅 北口 徒歩7分 / 東武亀戸線亀戸駅 徒歩7分
  • 電話 : 03-3637-1533
  • 営業時間
    • 平日       昼席:11:30~14:30(14:00 L.O.)  夜席:17:00~21:00(19:30 L.O.)
    • 土日祝日 昼席:11:00~15:00(14:30 L.O.) 夜席:17:00~21:00(19:30L.O.)
  • 定休日 : 毎月第3月曜日 ※1月、8月、12月を除く ※月曜日祝日の時は翌日火曜日 定休日

2017年5月現在の情報です。
営業時間や店休日など変更があるかもしれませんので
公式ホームページにてご確認ください。

 

■今回ご紹介した商品の公式ホームページ
亀戸升本:マクロビオティックのお弁当「和正食」シリーズ

 


2017年2月:和正食(健)月替わり弁当


2017年2月:千石(季節限定)月替わり弁当

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

じゃすイズムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

じゃすイズムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*