1. TOP
  2. くらし
  3. エンジェルナンバー1111は新しい人生の始まり:また引越します!

エンジェルナンバー1111は新しい人生の始まり:また引越します!

 2017/11/16 くらし この記事は約 6 分で読めます。

おはようございます、じゃすです。今朝は雷と強風で嵐の朝となりました。あなたの地域はどんな土曜の朝でしょうか。2017年11月11日。1111のエンジェルナンバーは好きな並びです。わたしのお誕生日も5月11日で11ですしね。新しいスタートでワクワクします。

前回の記事では、6年間同居してきた相方が暴言暴力DV男だったと衝撃的な内容となったためかご心配のメッセージをいただきました。ありがたいです。大丈夫?ケガはない?と。はい、大丈夫です。今回は。^^;

彼氏でも夫でもなく、これまで「相方」としてきたのは同じ屋根の下に住むパートナーということで便宜上そう書いて来たわけでして。そもそも6年前、ちょうど震災があった2011年の夏に相方と知り合いました。知り合った時の相方は、半年前に奥さんが出て行ってしまい、離婚したてでした。

奥さんが欲しくて買った子犬のコーギー(雄)は、5歳で置いて行かれたというわけです。残されたワンコと相方は、毎月のローンが11万円という広い一戸建に住んでいました。

奥さんと折半していたローンは相方一人で支払わなければならなくなり、料理も全くできない相方で、しかもワンコの世話も仕事もある。

一方のわたしは、古いブログでご存知のかたもいらっしゃいますが2008年の秋に子宮筋腫で子宮摘出手術をし、退院後から狭いアパートでブログを書きながら療養生活をしていました。窓を開ければすぐに海が見えるという海辺すぎる物件での一人暮らし。

>>古いブログの参考ページ(外部サイトに飛びます)

東北の震災後、静岡にも大きな地震がありました。一時的に避難しましたが、内陸地に引越したい、一人は嫌だと思いながらどうすることもできずに暮らしていたところで相方と知り合いました。

お互い惹かれあい、毎日ワンコを残して仕事に出る相方と、家で仕事ができるわたしが同居するのにぴったりな理由ができ、2011年秋から住み始めた次第です。

けれども同居後一カ月も経たないうちに「この男はわたしの相手じゃないわ」と見切りをつけました。早々に諦めたのです。なぜなら、全くコミュニケーションができない人だったから。

病気なんじゃないの?と思うほど口をきかない。自分の意見を言えない。会話のキャッチボールができない。返事ができない。自分の殻に閉じこもる。テレビやゲームに逃げる。

なのになぜ、出会って意気投合できたのかというと、顔が見えなければ話せた(電話やスカイプ音声通話)からなんです。デートは2回しましたが、恥ずかしがり屋なんだと思ってました。実際に同居して、毎日顔を合わせて会話しようとすると目が見れない、会話できない、自分の考えを言えないなどなど出てきました。

それで相方は日々の不満をお腹に溜めて溜めて、ある日一気に爆発するというパターンです。それが6年経っても変わらないというわけです。彼の母親に聞きますと、子供の頃から無口な性格だったとは言いますが家庭内暴力はなかったと。

相方と一緒に彼の実家を訪れた時は驚きました。自分の親兄姉と、ほとんどまともに会話ができないのです。まるで借りてきた猫のようでした。わたしが彼の実家でよそ行きになるのならわかりますが、彼の実家、彼の実の親兄姉なのに意思疎通ができないなんて。

これは小さい頃のトラウマでもあるんじゃないかって思いました。相方の祖母がまだ生きていた数年前の出来事で、わたしのことをボケたのか「この人お嫁さん?」と言いました。そしたらそれを聞いた相方の母が「余分なことを言うんじゃない!」と祖母をたしなめたのです。

普段とても温厚な彼の母親でしたので、その光景に驚きました。そんな出来事から、相方も子供の頃に自分の意見を言った時に「お前は黙ってなさい」とでも制止されたのかもしれないと推測します。

兄姉の下で、一番のチビだった相方が何か言おうとしても相手にされなかったなど、きっとそれがトラウマとなって大人になってもまともに親や他人と意見交換できない性格を作ってしまったのではないか。

そう考えますと、かわいそうな男です。きっと自分が相当つらく苦しい人生を送っているはずです。だからこそ楽にしたやりたいと思って6年間来ましたが、人を変えることはできません。

本人が自覚し、変わろうとする意志が無ければ何も変わらないのです。

昨年の夏頃は、わたしも相方もストレスのピークでした。変わりたいのに変われない。どうしたらいいのかもさっぱりわからない。その頃、相方の顔を見ますとすごい変化がありました。それは顔の右半分の毛が全部白髪になっていたことです!

右側の眉毛とまつ毛が真っ白になっていたのです。これは脳梗塞とかの前兆ではないかと心配しましたが、検査もせず。きっと相当強いストレスが彼にもかかっていたのでしょうね。ちなみに1年以上経過した今も顔半分が白髪のままです。

わたしも昨年は地獄の苦しみでした。5月に仕事場として借りていたアパートを引き払い、また相方&ワンコと1から協力し合ってスタートしましょうと住まいを統合したのですが、やはりうまくいかない。毎日が噛み合わない。

先月相方から聞いたのですが、わたしと同居し始めた頃に知り合いの占い師?透視できるおばさん?に私たちの相性を見てもらったらしく、その結果は【相性悪し】だったそう。なぜもっと早く言わないのー。でも同居後だったからそれを知っていても同じことでしたけど。

ワンコはパパ命でして、ママに捨てられたのもあってかパパを死守するスタンスです。わたしに僕の家においでよと言っていたワンコも、パパと仲良くするんじゃない!とわたしを攻撃してきました。近づいただけでワンワン吠えました。

けれどもわたしとワンコ二人だけになるとめちゃめちゃ甘えてきて、パパよりもわたしとワンコとの意思疎通ができるようになりました。その頃からわたしは、ワンコと言葉無しで(テレパシーみたいなもの?)会話できるようになりました。

毎日のお散歩では、会いたいなと思う人に偶然?会わせてくれたり、四つ葉のクローバーも何度も見せてくれました。このワンコに不思議な力が備わっていて、それを受信できるようになった感覚でした。

なんか、DV話から不思議ちゃん話になってきて離脱されるかたもいらっしゃるかと思いますが、ご理解いただけるかただけで結構です。そういうやつです。すみません。

ワンコとは基本仲良くやっていましたが、流血で噛みつかれたこと2回ありました。救急で夜病院に行き、感染症予防の注射も打たれて大変な思いもしています。

家の中は常にゴタゴタしていましたが、ご近所付き合いや彼の実家とはそこそこうまくやっていました。今回のDVからの引越しでも、皆さん心配してくださり、この先のわたしの幸せを願ってくれました。本当にありがたいです。

彼のお母さんからも、息子がひどいことをして申し訳ない、息子やワンコのことはいいから自分の幸せだけを考えてと言ってもらえました。でもわたしは自分の幸せだけを考えて行動するとうまくいかないとわかっています。

全体を見て、バランスを取ってこその幸せだと思うからです。暴力や暴言を受けてわたしだけが被害者ヅラするのではなく、皆がこれを機に次のステップに進めるよう持っていきたいです。

そんなわけで、11/11にこの記事をアップしようとしましたがなんやかんやで16日の今日になってしまいました。引越しの箱詰めも21個できました。まだまだありますが、コツコツまとめていきます。

またその後の経過を書いてまいります。ありがとうございます。^^)

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

じゃすイズムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

じゃすイズムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*