1. TOP
  2. こころ
  3. 世界は自分が創っていた?小さな四つ葉のクローバー&バラのお庭

世界は自分が創っていた?小さな四つ葉のクローバー&バラのお庭

 2017/06/10 こころ みらい この記事は約 4 分で読めます。

こんばんは、じゃすです。
今朝のお散歩中にまたまた四つ葉のクローバーを見つけました。土曜の朝。一週間の疲れがある朝。その上、まだam6:00だというのに朝日が暑い朝。日傘さしていても下半身がじりじり暑いんですよ。

モタモタと歩くワンコに、じゃすはちょっとイライラしていました。「早く歩いてよ~。暑いんだから。早く帰って朝ごはん食べようよ。」そう言いながら足元を見ますと、小さなクローバーがありました。

四つ葉を見つけるのが習慣になってるじゃすは、さらっと足元のクローバーを見ました。やはり一本目に目に入ってきたのが四つ葉でした。


これまでで一番の難易度レベル

この小ささ。これまで見つけた中でも、一番難易度が高いと思います。なのに最初の一本目であっさりとこの子(極小四つ葉のクローバーちゃん)を見つけることができたのが自分でも驚きでした。


この中から一発目に四つ葉って、ありえないでしょ、普通は。

ただ今朝の出来事を自慢するためにこれを書いているのではありません。ここから気が付いたことがあるんです。それを今夜は書きたいのです。

じゃすプロフィールでもご紹介しましたように、「四つ葉見つけワザ」は特技にしてもいいかなと思っていました。でも四つ葉を見つける時は必ずワンコが一緒なので、きっとワンコが見つけさせてくれてるのだろうという説や、クローバーを見たら四つ葉を見つける引き寄せを無意識でしている説がありました。

でも夕方になって気が付いたのです。それは【自分が、四つ葉のクローバー自体を創っているのではないか】もしくは【四つ葉を難なく見つける自分を創ってるのではないか】と。


ちょうど中央に今回の四つ葉が

最近ゾロ目を吐きそうなほど見まくるのも。自分がゾロ目や四つ葉を引き寄せているんじゃなくて、本当は自分の力でこれらを見つける自分を創り出しているのではないかと思い始めたのです。

ゾロ目を見る頻度は日を増すごとに上がっており、最近ではゾロ目じゃない数字を見る方が珍しくなってきました。それほど見るもの見るものゾロ目だらけなので、いちいち驚いたり感動したりが既に無いんです。エンジェルナンバー(ゾロ目)がじゃすには日常茶飯事、すなわち普通になったのです。

もう一つ例を挙げますと、5月のバラの季節の夕方にお散歩で通りかかったご近所でのこと。


夕陽がさすバラのお庭

その家の奥様がお花のお手入れをされていました。
じゃす:「バラが美しいですね」
奥様:「ええ。今年はイメージした通りにできました。御飯の支度をそっちのけでお世話しちゃってますよ。」
じゃす「イメージ通りにできるなんて本当に素敵ですね。お写真撮らせていただいてもよろしいですか?」
奥様:「どうぞどうぞ。一週間もすればみんな散ってしまいますからね。」
じゃす「期間限定だからこそ価値が高いのですね。」

こんな会話をしたことを思い出しました。イメージ通りの世界を作られた奥様。自分の頭の中で考えたことをこの世に出す醍醐味。それが「自分で世界を創り出している」ということなんじゃないかしら。


ピンク色のバラたち

じゃす【四つ葉を苦労して探さずとも見つけられる自分】や【ゾロ目が普通に目の前に現れる自分】を無意識に自分が創っていたとすると、これはスゴイ発見だ!と思ったわけです。

その反面、これまでの自分といえば【子宮筋腫で子宮全摘して身も心も弱い自分】や【体力無くてやせっぽっちで女性の魅力がない自分】【行動やお金がいつも不自由で幸せじゃない自分】【だれもわかってくれない、だれも理解してくれない可哀想な自分】など無意識に自分で創り上げてきたんだなとも思いました。

だったら、これまでに自分が創っちゃったネガティブな自分というものをぶっ壊せばいいんじゃんよ。創ったのは誰でもない、じゃす自身なのだから。

通りかかった道端であのちっちゃな四つ葉を一発で見つけた自分】や、昔じゃすが【田舎の13歳の小娘が剣道で全国大会に出た自分】を創ったように、思い通りの自分をこれから再び創ればいいんだって深く納得した6月の土曜でした。


自分の創りたい庭を・・・

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

じゃすイズムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

じゃすイズムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメント

  1. アニー♪ より:

    新ブログ開設お待ちしてました!
    早速読ませていただきました。
    わかっていてもなかなかできない素晴らしい食事ですね。
    私も見習って少しでもじゃす様に近づけるような
    食生活を送りたいと思いました。
    これからも楽しみにしていますが、くれぐれも
    じゃす様の負担にならない程度に無理をしないでの
    更新にして下さいね!

    1. じゃす じゃす より:

      アニーさん いつもありがとうございます!
      こちらもご覧いただけて本当に嬉しいです。

      50歳を機に、食事を再度見直しました。
      大した料理ではないので恥ずかしいですが、
      皆さまの参考になれば幸いです。

      いつもじゃすを気遣っていただき
      アニーさんの優しさをありがたく感じています。

      力を入れずに、じゃす自身もブログを楽しみますよ~♪

コメントを残す

*